2016/06/11 ネギもニラもまだ細い

* この動画は撮影した画像を5秒間隔で表示している
Argyranthemum frutescens(マーガレット) 花をよく見ると花びらと中心との境目に小さな花もいくつもあるのが特徴かも
Asparagus Fern(シノブボウキ) 全体的に茶色く枯れているところもあったけど水やりもしてどうにか持ちこたえている。
Avocado(アボカド) アボカドは3鉢はスクスクと育ち、室内の発芽したものも茎が伸びて葉っぱも出てきた、葉っぱが開けば外に。結局4鉢になるのかと思う。そのほかは他の植物を植える予定
Basil(バジル) バジルは外でスクスク、ただ越冬したところは枯れている部分もある。ただ昨年植えたときに虫被害にあうと思っていたのにほとんどその徴候がない。
Beefsteak plant(大葉) 大葉は虫の被害も深刻、葉っぱの異常さもあるし、とにかく何かと簡単ではない
Beefsteak plant(青じそ) 青じそはまだ発芽は確認されない
Cyclamen(シクラメン) シクラメンは2鉢。すでに花の時期も終わったようであまり綺麗ではない。種ができれば綺麗にしてまた猛暑をどう切り抜けるかだ。まあ毎年のことなのでそのままなのだが。
Epiphyllum(孔雀サボテン) 今朝までに今年の7輪はすべてしぼんだ。花は終わった
Epipremnum Aureum(ポトス) ポトスは現在は5鉢、あたらしい葉っぱも出てきていて今年はもう挿し木で増やすのはやめにしてこじんまりと育てようと思っている
Garlic Chives(ニラ) ニラは発芽をしてネギと見た目は同じ。区別がつかない
Glario(グラリオ) グラリオがようやく室内から外に出して大幅に切り戻しをして開花に。今朝で花は4つに
Italian Parsley(イタリアンパセリ) イタリアンパセリは乾燥パセリもつくることもなくすでに茎をつくる変化も出て伸びてきている。
Japanese Mugwort(ヨモギ) ヨモギは水をあげるとスクスク、背丈も伸びている。しかし下の葉っぱは枯れて脇芽もないので1本直立のままだ。
Lemon Balm(レモンバーム) レモンバームはそのまま。
Lupinus(ルピナス) ルピナスはやはり今後どうなるのか不明。
Million Bell(ミリオンベル) ミリオンベルは摘芯して木になっている部分から緑の葉っぱも。とにかく伸びたら切ることだ
Osteospermum(オステオスペルマム) オステオスペルマムは手前のハンギングはハンギングの縁にそってカットした。余計に縦に伸びていたものもカットした。枝ばかりに緑が少々、種もわざと下に落としてきたので、その中から発芽すればまだいい。ともかくも切り戻しをしてきれいにする段階だ。
Parsley(パセリ) パセリは茎が伸びてつぼみも出てきた。すでに市販のパセリとは程遠く、ちぢれなんてどこにもない。
Peppermint(ペパーミント) 昨日殺虫剤と食いちぎられた葉っぱなどカットしたので半分ほどに
Rengeso(蓮華草) 蓮華草は昨日の整理でほとんどなくなった。
Rosa Banksiae(モッコウバラ) モッコウバラの花も終わったので挿し木をいくつかしようと思っている。
Schefflera Arboricola(シェフレラ) この観葉植物、特に手をかけて育てているという感じではなく、外に置きっぱなし。でも枯 れることもなく。今は1-2年前にカットして茎だけを立てていたら葉っぱが出てきたのも含めて2つが育っている。水もたまにしかあげていないけど問題な い。
Vervain(バーベナ) バーベナは花も枯れてきたのでその茎をすべて切り落とし脇芽が出るのを待つことに
Welsh onion(ネギ) ネギばかりになっているのだがその細さからしてこのままこの細いままなのかと。
追肥情報 特に無し
その他 ネギとニラをなるべく日光の当たるところに置いているのだがなぜかスクスクと育たない。細いままだ。左はニラ、その右で倒れているのがネギ。見た目は同じだ。