2017/10/09 マーガレットはもし花をそのままにするとどうなのか

* この動画は撮影した画像を5秒間隔で表示している
Argyranthemum frutescens(マーガレット) マーガレットは枯れた花をカットしたのでその茎だけ残っているけど、自然界ではそれはないので、もっと茎も含めて残っているはず。そこより上に新しい葉っぱや茎が伸びてくるのだろうか
Asparagus Fern(シノブボウキ) ほとんどほったらかしなのだがこの夏に枯れたところは一部取り除く、結構軍手をしていたものの、刺さるのでとても扱いにくい。新しい葉っぱもいくつか出ていた。
Avocado(アボカド) アボカドは下の葉っぱはどんどんと枯れて落ちるので、上だけ葉っぱがあるという感じ。観葉植物としてはちょっと駄目かも
Cyclamen(シクラメン) シクラメンは2鉢あるけど何年もかけてこの夏は葉っぱもなくなった鉢からはいくつか新しい葉っぱも。でもそれは球根からではない外側からだ。もうひとつはオリジナルの鉢だけどまだ何も出てこない
Epiphyllum(孔雀サボテン) ほとんどほったらかし
Epipremnum Aureum(ポトス) ポトスはこの夏で伸びて、さらに葉っぱが枯れているのも。そこで今朝は大幅にカット、ゴミに。伸ばしていても途中は枯れるだけ。小鉢のひとつは葉っぱもすべて捨ててしまって茎3本だけ。捨てる予定だった別の若い葉っぱの茎2本を挿し木に。茎だけから葉っぱが出るのか、挿し木から根っこが出るのかが今後見ることに。
Garlic Chives(ニラ) ニラの花はすでに種のようなものができている。
Italian Parsley(イタリアンパセリ) イタリアンパセリもほったらかしの状態、大きく育たない
Lemon Balm(レモンバーム) レモンバームはカットしたためか緑も少なく、新しく種を蒔く必要があるかも
Osteospermum(オステオスペルマム) オステオスペルマムは水切れが激しい、水やりが多い
Pansy(パンジー) パンジーはまた花が咲いている、ほとんど通年咲いているのではないかなと
Pentas lanceolata(ペンタス) ペンタスは昨夕にハチドリいやそれに似た蛾は飛んでいた
Petunia(ペチュニア) ペチュニアはハンギングだけとなった。もう秋で寒いこともあってそろそろ駄目かも。ハンギングを室内に入れたら、でも日光が半分以下になるので駄目なようだ。
Rosa Banksiae(モッコウバラ) モッコウバラはそのまま放置状態
Schefflera Arboricola(シェフレラ) この観葉植物、特に手をかけて育てているという感じではなく、外に置きっぱなし。でも枯 れることもなく。今は1-2年前にカットして茎だけを立てていたら葉っぱが出てきたのも含めて2つが育っている。水もたまにしかあげていないけど問題な い。
Torenia Hybrida(夏すみれ) 夏すみれは3株に。同じ鉢から移動したので色はすべてパープルとおもっていたけどピンクだとわかった。あとは種ができて自然に落下することを期待するしかない。今年は花数が少ない。
追肥情報 水は普通は朝にあげているけど萎れていることがわかるとその都度あげている
その他 特になし